人身傷害の死亡保険金には課税される

人身傷害の死亡保険金には税金かかる

救急車で運ばれる負傷者

自動車保険を使用して、保険金を受け取った場合、
それに税金はかかるものなのでしょうか。

 

普通に考えて、入院代などの治療費として受け取ったのに、そこから税金を取られてしまったら大変ですので、それは有り得ませんよね。

 

実はそのとおりで、ケガの治療費や、賠償金として受け取ったものに関しては税金はかからないのですが、人身傷害保険等、自分方の保険から受け取れる死亡保険金に関しては税金がかかるのです。

 

ただし、人身傷害保険の死亡保険のうち、相手方の過失分相当に関しては、本来は相手から受け取ることができる賠償金相当ですから、その部分は例外となり課税されません。

 

つまり、過失割合が「自分60:相手40」の車対車の事故により、
運転者が死亡してしまい、保険金が1億円支払われたとします。

 

この場合、相手の過失分は40ですから、
1億円から4000万円を差し引いた6000万円に対して課税されることになるのです。

 

ではこの場合、どの税金の対象になるかというと、
契約者と保険金受取人の関係による、「所得税」「贈与税」「相続税」のいずれかになります。

 

  • 「相続税」・・・死亡した人が契約者だった場合
  • 「所得税」・・・保険金受取人が契約者だった場合
  • 「贈与税」・・・契約者が、死亡した人もしくは保険金受取人以外だった場合

 

このように人身傷害保険から死亡による遺失利益等の損害額を計算して、
それを全額支払われたとしても、実は税金でかなり取られてしまうわけで、
実際の損害額すべてが最終的に手元に残ることはないんです。

 

そう考えると、人身傷害保険の死亡保険金って、
実質、損害をすべて補償できるものとは言えないかもしれませんね。

 

<参考サイト>
国税庁:「税について調べる
損害保険Q&A「保険金と税金の関係

あなたも保険料を節約しませんか!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!



⇒スクエアバンでの見積もりはこちら
あなたの車はいくらで売れる??

 

自分の車にどれくらいの価値があるのか知りたくありませんか?

「ズバット車買取比較」なら、全国の車買取業者の中から厳選された、最大10社で車の無料査定が可能です。

たった1分ほどの入力をするだけで、簡単手軽にあなたの愛車の買取額を査定してもらうことができますよ。


⇒愛車の無料一括査定はこちらから