人身傷害保険のメリット

人身傷害保険のメリット

同じように搭乗者の死傷に対して補償する「搭乗者傷害保険」ではなく、
人身傷害保険」を付帯するメリットにはどんなものがあるでしょうか。
いくつか説明してみましょう。

実損額払いである

人身傷害保険は実際の損害金額を算出して、それを支払うものです。
ケガの場合の入通院費はもちろんのこと、入通院に関わる諸雑費も補償されますし、
会社を休んでしまった分の休業損害や精神的損害まで考慮して保険金が支払われます。

 

搭乗者傷害のように定額払いですと、実際に必要となるお金が十分に補償されないようなケースも考えられますので、人身傷害保険はそれに比べて安心できる内容になっています。

 

相手の過失分も示談前にもらえる

解説員

過失割合に関係なく保険金が支払われるというのも

人身傷害保険ならではの大きなメリットと言えるでしょう。

 

例えば、こんな感じの事故だったとしましょう。

 

※車同士の事故で、あなたがケガをして「50万円」の損害を被った。
※過失割合は「あなた40:相手60」。

 

この場合にあなたの過失は「40」ですから、
損害額の40%である20万円が自分の保険から補償されて、

 

相手が悪い分の30万円は示談交渉が終わったあとに、
相手の保険会社から受け取れるというのでは困ってしまいますよね。
示談交渉が長引いた場合、なかなか受け取れませんから。

 

でも、人身傷害保険はそんな心配は無用なのです。
自分が悪い分の20万円ははもちろんのこと、相手が悪い30万円についても立て替えて、
一緒に保険金として支払ってしまおうというものなのです。
(示談交渉後、相手過失分の30万円は保険会社が回収します)

 

よって、示談交渉が終わるまで治療費である30万円を
一時的に自己負担しておくということを回避できるのです。

 

歩行中の自動車事故でも補償される

自転車が車に轢かれる事故

自動車保険だから車に乗ってるときにしか補償されないと思ってる人も多いと思います。でも、人身傷害保険では、歩行中や自転車に乗っていて、車やバイクに轢かれてしまった場合や、他の車(注1)に搭乗中の事故でケガ・死亡してしまったような場合にも補償されるのです。

 

ただし、契約時にこの部分の補償を付帯するかしないかを選択することができますので、付帯していなかった場合はもちろん対象外です。

 

(注1)
自分が常時使用している車以外で家族以外の所有している車。

あなたも保険料を節約しませんか!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!



⇒スクエアバンでの見積もりはこちら
あなたの車はいくらで売れる??

 

自分の車にどれくらいの価値があるのか知りたくありませんか?

「ズバット車買取比較」なら、全国の車買取業者の中から厳選された、最大10社で車の無料査定が可能です。

たった1分ほどの入力をするだけで、簡単手軽にあなたの愛車の買取額を査定してもらうことができますよ。


⇒愛車の無料一括査定はこちらから