人身傷害 死亡保険金

死亡による損害額の計算方法

ここでは被保険者が死亡した場合に
人身傷害保険から支払われる保険金の計算方法を紹介します。

 

生命保険では「死亡の場合3000万円」というように定額の支払となります。でも、自動車保険は損害保険にあたりますので、被保険者の死亡によって発生した損害を、下記のルールに基いて計算し、契約時に設定した保険金額を上限に保険金として支払うことになっています。

 

  1. 葬祭費
  2. 遺失利益
  3. 精神的損害
  4. その他の損害

 

葬祭費

葬祭費用として一定の金額が支払われます。
例えば、損保ジャパンの場合、葬祭費として支払われるのは60万円。
明らかに実費が60万円を超える場合は、それを証明する書類を提出することで
120万円を上限として実費が支払われます。(保険会社によってこれらの金額は異なります)

 

遺失利益

もし生存していたら稼げていたであろう利益を所定の計算式によって算出して支払われます。
ここでは被保険者が「サラリーマンの場合」と「主婦の場合」の基本的な計算法を紹介します。

 

サラリーマンの場合

・下記(ア)(イ)のいずれか高い金額が補償されます。
(ア)(現実収入額−生活費)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数
(イ)(年齢別平均給与額の年相当額−生活費)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

家事従事者(主婦)および18歳以上の学生の場合

・下記の式により遺失利益を計算します。
(年齢別平均給与額の年相当額−生活費)×就労可能年数に対応するライプニッツ係数

 

現実収入額とは

事故前1年間または後遺障害確定前1年間で労働の対価として稼いだ収入額のいずれか高い金額となります。
(確定申告書や課税証明などの書面で証明する必要があります)

 

その1年間で極端に収入が減っていたり増えていたりした場合は、
その点を考慮したうえで、保険会社が妥当な現実収入額を決定することとなります。

 

生活費とは

実際に生活費として使っている金額ではなく、
被保険者に実際に扶養されていた者(被扶養者)の人数によって、
収入のうち下記の割合を生活費として計算します。

 

  • 被扶養者が0人 ・・・・・・・ 50%
  • 被扶養者が1人 ・・・・・・・ 40%
  • 被扶養者が2人 ・・・・・・・ 35%
  • 被扶養者が3人以上 ・・・ 30%

 

就労可能年数に対応するライプニッツ係数

死亡時の年齢別終了可能年数およびライプニッツ係数表

 

年齢別平均給与額表

年齢別平均給与額表

 

精神的損害

精神的損害の金額は下記の表により決定します。
(この表は損保ジャパンのもので、金額は保険会社によって異なります)
精神的損害(死亡の場合)

 

その他の損害

上記以外に死亡による損害があった場合、それが社会通念上必要かつ妥当なものであれば、
実際の損害額が支払われます。

 

 

※このページに掲載した3つの表は損保ジャパン「ONE-Step」の普通保険約款から抜粋したものです。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。
あなたも保険料を節約しませんか!?

 

インズウェブ

インズウェブの説明

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちら