搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違い

搭乗者傷害保険と人身傷害保険の違い

「搭乗者傷害保険」と「人身傷害保険」ってなにが違うの??

 

これは自動車保険で一番多い質問のうちの1つと言えるでしょう。
どちらの保険も自分の車に乗っている人への補償という部分は一緒ですので、
何が違うのかというのは当然気になるところです。

保険金の算出方法が違う

人身傷害保険は実損払い

実際の損害金額を規定に基いて計算して、
保険金額を上限に、その損害金額を保険金として支払われます。

 

搭乗者傷害保険は定額払い

例えば、腕を骨折した場合は30万円、首を捻挫した場合は5万などと、
”どこをどのようにケガしたか”で保険金が決まる「部位症状別払い」。
もしくは保険会社によっては、入院1日あたり15000円という具合に
入通院日数をもとに計算して保険金が支払われる方式のところもあります。

 

補償範囲が違う

人身傷害保険のほうが補償範囲が広いと考えていいでしょう。
搭乗者傷害は、主に死亡した場合と、ケガで入通院した場合を想定した保険です。

 

それに対して人身傷害保険は、死亡やケガの入通院だけではなく、
ケガをしていなければ得られたであろう利益であったり、
精神的損害などに対しても補償がされるのです。

 

また人身傷害保険は特に契約時に制限しなければ、
自分もしくは家族の車に乗っていないときの交通事故に関しても
補償範囲に入りますので、かなり厚い補償があると言えるでしょう。

 

どちらを付帯すればいいのか

解説する男

万が一の時にしっかり備えたいという方

人身傷害保険と搭乗者傷害保険は両方付帯しておきましょう。
もちろん、事故でケガをした場合は両方から補償されることになります。

 

自分のほうに対する補償は最低限でいいという方

搭乗者傷害保険のみの付帯でいいでしょう。

 

どちらでもないという方

人身傷害保険のみをおすすめします。
実損額を補償するものですから、これだけでも十分かと思います。

あなたも保険料を節約しませんか!?

 

スクエアバンの説明

スクエアbang!



⇒スクエアバンでの見積もりはこちら
あなたの車はいくらで売れる??

 

自分の車にどれくらいの価値があるのか知りたくありませんか?

「ズバット車買取比較」なら、全国の車買取業者の中から厳選された、最大10社で車の無料査定が可能です。

たった1分ほどの入力をするだけで、簡単手軽にあなたの愛車の買取額を査定してもらうことができますよ。


⇒愛車の無料一括査定はこちらから