搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険

搭乗者傷害保険は、契約車両(被保険自動車)に搭乗(運転手含む)していた人が、
自動車事故により、死亡・ケガ・後遺障害状態になってしまった場合の保険です。

 

死亡の場合

搭乗者が事故日を含めて180日以内に死亡してしまった場合、保険金額の全額が支払われます。
例えば、保険金額は1000万円というのが一般的な金額なのですが、
搭乗者が死亡してしまうと、1名あたり1000万円が支払われるということになります。

 

後遺障害状態

事故の日を含めて180日以内に後遺障害が生じたとき、
後遺障害の等級によって、保険金額の4%〜100%を後遺障害保険金として支払われます。
また介護が必要な状況になった場合は、この他にプラスして保険金が支払われる場合もあります。

 

※もし、後遺障害状態になり、その後死亡してしまった場合、
死亡保険金から、すでに支払われた後遺障害保険金は減額されます。

 

ケガをした場合

保険会社によって、ケガの場合の保険金の算出方法が異なります。

入通院日数払い

例えば入院1日あたり15000円・通院1日あたり7500円というように
入通院の日数によって保険金を計算する方式です。

部位症状払い

例えば、頭部の骨折であれば45万円。頚椎の捻挫であれば5万円というように
ケガをした場所(部位)と症状によって保険金が決定される方式です。
最近はこの部位症状別払いが主流となってきています。

 

 

搭乗者傷害保険の位置づけ

人身傷害保険が基本的な搭乗者への保険。
搭乗者傷害はそれにプラスすることで搭乗者への補償を厚くするものという解釈でいいと思います。

 

また、搭乗者への保険は最低限でいいというニーズの方は、
人身傷害保険を付帯せずに搭乗者傷害保険だけを付帯するという手もあります。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。
あなたも保険料を節約しませんか!?

 

インズウェブ

インズウェブの説明

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちら