対人賠償保険とは

対人賠償保険とは、被保険自動車で事故を起こし、他人を死傷させてしまった場合の賠償金のうち、自賠責保険だけでは足りない部分を補償するための保険です。

  • 横断歩道を渡っていた歩行者をはねて死亡させてしまった。
  • バイクと衝突。バイクの運転者は後遺障害を負ってしまった。
  • 自転車に接触。転倒した自転車の運転者がケガを負ってしまった。
  • 信号待ちしている車に追突。相手車の運転手がケガをしてしまった。
  • ガードレールに衝突。助手席に同乗していた友人がケガをしてしまった。

このような事故のときに、対人賠償保険で補償されることになるのですが、
注目してほしいのは、自分の車に同乗していた他人への補償もされるということです。

 

同乗者が死傷した場合、人身傷害保険の補償対象となるわけですが、
実はその同乗者が他人であれば、対人賠償保険でも補償することもできるのです。

 

例えば、同乗していた友人が自動車事故で死亡。
友人の親族に対する賠償金が7000万円だったというケースで、
人身傷害保険の保険金額が3000万円だったとしても、足りない4000万円は
対人賠償保険から補償してもらうことができるということです。

 

ちなみに「他人」とは下記以外の人と定義されています。

  1. 記名被保険者
  2. 被保険自動車の運転していた者またはその父母、配偶者もしくは子
  3. 被保険者またはその父母、配偶者もしは子

 

つまり、これらの関係以外の人であれば、歩行中でも車に搭乗中でも、自動車事故で死傷させてしまった場合は、その賠償金を対人賠償保険で補償することができるのです。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。

 

そう考えると、人身傷害保険って自分の車に乗っている人が死傷した場合の保険ではありますが、他人の死傷に関しては対人賠償保険で補償されるわけですから、実質は他人以外の死傷に対する保険とも言えるかもしれませんね。

あなたも保険料を節約しませんか!?

 

インズウェブ

インズウェブの説明

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちら