対物賠償保険とは

対物賠償保険とは、自動車事故で他人の物に損害を与えてしまった場合に、
その物の損害によって発生した損害金を補償するための保険です。

  • 車対車の事故。相手の車が大破してしまった。
  • 他人の家に突っ込んで壁を壊してしまった。
  • 電柱に衝突。電柱が倒れてしまった。
  • お店の入り口に突っ込んでしまい、お店がしばらく営業できなくなった

 

こういった事故を起こしてしまった場合、それにより発生した損害金相当が補償されます。

 

物を壊してしまったわけですから、その修理代もしくは買い替え費用はもちろんのこと、
その物を壊してしまったことによって、間接的に発生した費用も補償対象となります。

 

車を壊してしまった場合であれば、修理期間中の代車費用も補償されますし、
お店に突っ込んで営業ができなければ、その営業損害分も対物賠償保険から補償されます。

 

補償対象となるのは他人の物を壊したときだけ

対物賠償保険の対象となるのは、あくまでも他人の物を壊した場合だけ。
自分の家に突っ込んでしまったり、配偶者の自転車を壊してしまったりするなどしても、
他人の物ではありませんので、対物賠償でそれらの修理代等を補償することはできません。

 

「他人」の定義は以下の者以外。

  1. 記名被保険者
  2. 被保険自動車の運転していた者またはその父母、配偶者もしくは子
  3. 被保険者またはその父母、配偶者もしは子

 

親や子供、配偶者は他人にあたりませんので、その人達の物を壊しても対象外。
でも、友人知人はもちろんのこと、兄弟や親戚も「他人」にあたりませんので、
その人達の物を壊してしまった場合には補償対象となります。

 

「他人」と呼ぶので、親族はダメなのかなって考える人も多いかと思いますが、
実は意外と他人の範囲って広いんです。覚えておきましょう。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。
あなたも保険料を節約しませんか!?

 

インズウェブ

インズウェブの説明

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちら