人身傷害保険以外の補償

自動車保険はいくつもの保険がセットになった商品です。
ここでは人身傷害保険以外の保険について説明しています。

 

他人に迷惑をかけた場合の保険

対人賠償保険

自動車事故で他人を死傷させてしまった場合の保険です。
これは自動車保険のメインとなる補償。必ず無制限にしておきましょう。

 

対物賠償保険

自動車事故で他人の物に損害を与えてしまった場合の保険です。
その物の弁償代だけではなく、間接的な損害も補償することができます。

 

人身傷害保険以外の自分方への保険

自損事故保険

単独の事故や自分が100%悪い事故で、車に乗っていた人が死傷した場合の補償です。
ただし、自賠責保険や人身傷害保険でカバーされる部分は対象外となります。
ほとんどの保険会社で自動付帯となっています。

 

搭乗者傷害保険

自分の車に乗っていた人が事故で死傷した場合に、定額払いで補償するものです。
人身傷害保険が販売される前は、この保険が自分方へのメイン保険でした。

 

無保険車傷害保険

自分の車に乗っていた方が死亡もしくは後遺障害を被り、事故相手が無保険車だった場合の補償。ほとんどの保険会社で自動的に付帯されているものです。