人身傷害保険

人身傷害の付帯率

付帯率を説明する解説員

人身傷害保険の付帯率は年々増加しています。

 

2004年3月時点では「58.2%」だったものが2010年3月時点ではなんと一気に「81.8%」まで上昇しています。

 

人身傷害保険は1998年10月に東京海上が開発し販売をスタートさせた保険なのですが、当時は人身傷害保険は「特約」という扱い。

 

「特約」ということは、プラスアルファの部分の補償ということ。
つまり、搭乗者傷害にプラスすることで、搭乗者への補償を厚くできますよ。という位置づけのスタートだったのです。

 

その後、他の保険会社も販売をスタートして、今ではどこの保険会社でも扱う補償となっているわけですが、その過程で人身傷害保険のほうが実損額払いですので、安心できる内容のため、こちらをメインに販売していこうという保険会社が増えてきたんですね。

 

そして、今では完全に人身傷害保険はサブの保険である特約という位置づけから、搭乗者へのメインの保険に変化しており、搭乗者傷害保険は積極的に販売しないところも多くなっています。

 

さらに基本補償という位置づけにして、対人賠償や対物賠償と同じく、契約すると人身傷害保険が必ず付帯される保険会社も増えており、付帯率は90%以上になっていると言われています。

 

もちろん、搭乗者傷害に比べて、人身傷害保険のほうが保険としてとても優秀な商品であるからこそこういう状況になったわけですね。

 

<PR>
あなたは保険料払いすぎてませんか?一括見積で平均30,035円の節約が実現されてます。
あなたも保険料を節約しませんか!?

 

インズウェブ

インズウェブの説明

 ⇒インズウェブでの見積もりはこちら